WRAPの概要

WRAP

『WRAP(ラップ)とは?』

「WRAP(ラップ) = 元気回復行動プラン」
「Wellness Recovery Action Plan」の頭文字をとった名称で、アメリカにおいてメアリー・エレン・コープランドを中心に考案され現在は、アメリカのみならず世界中に広まっている自分が元気でいるために自分自身で作る行動プランの事です
長い間、困難な感情や行動に対処してきた人たちによって開発されました。元気になり、生活を楽しむための努力を積んできた人たちです

『WRAPは・・・に役立つ』

1.出来る限り元気でいることに役立つでしょう
2.困難な感情や行動の経緯を把握し、元気になるための行動プランを作る事に役立つでしょう
3.調子がとても悪くなり、自分で判断する事や身の回りのことをしたり、自分の身の安全を守ることが難しくなった時に周りの人にやってもらいたい事を伝えておく時に役立つでしょう

『WRAPはこんなときにも使えます』

生活上の変化を計画しているとき、それが上手くいく事を確かにする道具として役立ちます

『たとえば』

○就職、転職
○勤務時間を増やす
○責任を引き受ける事柄を増やす
○学校に通う、トレーニングを受ける
○グループホームから出る
○引越し
○男女の交際を始める、あるいは別れる時
○人間関係上の問題に対処する
○子どもが生まれる

『その他、生活上の事柄に対処するため』

○慢性あるいは急性の病気
○依存症
○悪い習慣をやめる
○減量
○新しい関心事を試してみる時
○病気や年老いた家族の面倒を見る時

『WRAPで扱う事柄』

それぞれの事柄に対して別々のWRAPを作っても良いし、それらの事柄を一つのWRAPで扱う事も出来ます

『あなたのWRAPを作ることができる人は』

ただ一人 = あなたです!

『これらはあなたが自分で決めることです』

○WRAPを作るかどうか
○どのくらいの時間をかけて作るか
○いつ作るか
○どのパートを作るか
○手伝ってもらうとしたら、誰に手伝って欲しいか
○どのように使うか
○誰に見せるか
○どこにしまっておくか
○渡すとしたら誰にクライシスプランのコピーを渡しておくか

『WRAPをつくるには』

バインダーと用紙と5組のタブを使ってWRAPを作ることができます
特別なものではなく、どんな用紙やノートでもWRAPを作ることはできます
パソコンやICレコーダーを使う事もできます
WRAPに取組む時、友達にサポートを頼むことができるかもしれません

関連記事: