クライシス後のプラン

WRAP

クライシス後のプラン

危機を脱した時のプラン・・・前もって、このパートを考えておきたいと思うかもしれません。危機からのリカバリーが始める時に書きたくなるかもしれません。その時こそ、自分に何が必要なのかが明確に見えているでしょう。危機を脱した時に、このプランを、自分を癒していくためのガイドにすると良いでしょう。このプランは前もって作ることが難しいです。その時になって作ることになるかもしれません。

「WRAPを始める!(精神看護出版2016)」を参照して、私なりのクライシス後のプランを立てたいと思います。

私は入院を一度経験していますが、その後も明らかな危機を4・5回体験しています。

【危機を脱したサインとその時の道具】

◇クライシス(危機)を脱した時のサイン=希死念慮がほとんどなくなる。休むことが出来るようになっている。人の話を素直に聞ける。→人と会話する。(親しい人あるいは専門家に)相談する。宇宙や世界と比較して自分を俯瞰し、人の存在の小ささを感じる。

◇自分を助けてくれた人・サポーターにすること=感謝し、何らかの恩返しをするように努める。→人と会話する。(親しい人あるいは専門家に)相談する。日記を含む、様々なブログをアップする。←記録することで「恩」を忘れない。

◇自分にすること=焦るなと自分に言い聞かせる。→「過ぎたるは猶及ばざるが如し。」(家訓)

【(責任を取り戻していくための)予定】

①いきなり思考したり行動したりするとぶり返すことがあるので、まずは休養・静養しながら、危機を脱したサインを確実につかむ。

②本来、自分がすべきことの中で、自分ができたことと、自分ではできず誰かの助けを得ていたことを洗い出す。

③助けてくれた人に感謝した上で、無理のない範囲で、それら(助けを得ていたこと)を自力でこなせるようにしていく。

④調子がよくなり、いい感じの自分を取り戻しても、良い意味で、この経験を忘れないようにする。→人と会話する。(親しい人あるいは専門家に)相談する。日記を含む、様々なブログをアップする。←これらを継続する=リカバリーは「旅」であり、続いていくことを意識し忘れない。

関連記事: