WRAPファシリテーター養成研修

WRAPファシ研

WRAPファシリテーター養成研修について調べ、まとめました。

【概要】

アメリカでラップの普及と研修の責任を担うコープランド・センターは、ラップクラス(グループ)の進行役を務めるファシリテーターは、5日間のファシリテーター養成研修を修了することを求めています。日本でもコープランド・センターが定めた様式を取り入れています。養成研修では、ラップの価値と倫理、クラス(グループ)の進め方など、ファシリテーターをするときに大切な事柄について、対話や実技演習を通して学びます。

【ファシリテーター養成研修内容】

5日間の研修で取り上げる事柄は次のようなことが含まれています。
・居心地の悪さを迎え入れるための(安心のための)合意について。
・ラップで大切にしてる価値と倫理について。
・元気に大切な5つのことについて。
・ラップの本質(エッセンス)について。
・ラップの集まりに持ち込まれるかもしれない、人々の思い込み・先入観について。
・経験の言葉で語るということ、経験を共有することがもたらす力について。
・ファシリテーションについて。
・ワークショップで遭遇するかもしれない、難しい状況での対応について。

【ファシリテーター養成研修参加要件】

以下3点、全てを満たしていること
①自分のWRAPを作ったことがあり、使っていること。
②WRAPファシリテーターが進行するWRAPクラス(グループ)において、WRAPを構成する全てのパートについて学んだ経験があること。(研修当日までに経験があれば構いません)
③研修5日間の全日程に参加ができること。