価値と倫理

WRAPファシ研

安心できる雰囲気のなか、お互いの経験から学びが生まれる場作りのために、ラップのファシリテーターが大切にしている価値と倫理があります。これらの価値と倫理は、ラップの考案者であるメアリーエレンさんが、ラップクラス(グループ)を進行するにあたって大切な事柄を参加者とともに探求し、言葉に表したリストです。「WRAPの道具箱」(wrap-jp.net)より引用。

ファシリテーターとして、わたしは、

  • 参加者を尊敬する。
  • 参加者をありのままに、個性的で特別な人として認める。
  • 誰にとってもリカバリーに際限はないのだということを常に伝える。
  • 希望の感覚を大切にする。
  • 人々の経験を受け止め、肯定する。
  • その人の尊厳を尊重し、慈しむ気持ち、敬意、無条件の尊敬をもって接する。
  • 最終的な回答ではなく、人々に選択の自由と選択肢を示す。
  • 一人一人が自分に関する専門家(エキスパート)なのだという考えを支持する。

このクラス(グループ)は、参加者は自分自身の経験と他の人の経験から学びます。このクラス(グループ)は、次のことに基づいています。

  • 自分で決めること:扉を開くものであっても、それぞれの進む道を定めるものではない。
  • 平等の信念:他の人より、人として優れていたり価値が高いという人は存在しない。
  • 理解を深め元気を促進するために、お互いに協力し、お互いに学びあうモデルである。
  • 他の治療法に取ってかわるものではないけれども、それらを補うことができる。
  • 誰の哲学にも合わせることができる。
  • 経験している困難の重さにかかわらず、誰にとっても簡単で安全なものである。
  • 当たり前の感覚に基づいている。
  • 誰にでもできることである。
  • 常に変化している:知識は常に拡大し際限がない。
  • どのような哲学やモデルにも基づいていないが、どのような哲学やモデルも取りいれることができる。
  • プログラムというだけではなく、生き方である。

大きなエゴ、“権力顕示”、思い上がり、偏見、憎しみが入り込む余地はありません。それぞれが抱えている問題、おかれている状況に関わらず、誰もがその場に属しています。あらかじめ定められた結果があるわけではありません。自分自身のゴールを目指して、それぞれがそれぞれのペースで進んでいきます。
政治的な議題は取り扱いません。(政治的議論は、他により適切な方法で扱われるべきでしょう)
常に、性的行動に関する厳密な行動基準に従うようにします。ファシリテーターとして、性的な誘い、ハラスメント、差別と受け取られるような行動は差し控えます。クラスで、そのような行動をとる人がいた場合、それらは受け入れられないものであることを伝えます。そのことについて困難を感じる場合には、この問題に関してサポートをしてくれると確信できる人に相談します。
参加者にとって、安全で、安心でき尊敬されていると感じられる雰囲気をつくるために、最大限の努力をします。